大踏切ペディストリアンデッキ架橋工事

大踏切ペディストリアンデッキ架橋工事

2013/02/11深夜(実際の日付は2/12の午前1時より)、戸塚の開かずの大踏切に西口から東口にかけて架橋の工事がありました。

まずは、のぼり歩道分のみ架橋です。

大踏切の長さが45メールあるそうですので、45メートルの橋が大型クレーンで徐々に持ち上げられ、人力により回転して西口と東口を繋ぐ事ができました。

矢部町内会・とつか宿駅前商店会の有志の皆さんも工事を見守りました。

大きな橋が空中に浮かぶ姿は宇宙船の様で壮観です。

写真は途中経過と朝になってから撮った一枚です。

これが完成すると、西口のトツカーナ方面・サクラス方面から踏切を待たずに人の往来が出来るようになります。

このデッキにJR戸塚駅の北口改札口を付けて欲しいという意見もあり、変わりゆく戸塚の象徴の一つになると思います。

お近くにお越しの時は是非工事の進捗具合をご覧下さい。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.